韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

IAEA福島事務所への専門家訪問「詰めの協議中」=韓国政府

2023/08/24 17:12入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】日本政府が24日、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出を開始したことを受け、韓国政府は国際原子力機関(IAEA)が設置した現地事務所への専門家訪問に向けてIAEAと協議を行っていると発表した。

 外交部の任洙ソク(イム・スソク)報道官はこの日の定例会見で、「政府はIAEAとの積極的で密度の高い協議の末、韓国とIAEA間の情報共有メカニズムを構築した」として、現地事務所への初訪問が早期に行われるよう詰めの協議中だと説明した。

 政府は、韓国側の専門家が可能な限り早く放出現場を視察できるようIAEA側に要請したという。

 国務調整室の朴購然(パク・グヨン)第1次長もこの日、汚染水の放出開始直後に韓悳洙(ハン・ドクス)首相が談話を発表した席で「早ければ週末中には韓国専門家が出国できるのではないかと思う」とした上で「韓国原子力安全技術院(KINS)が放出過程の科学的・技術的検討を担当したため、そこが(専門家の)中心になると予想する」と述べた。

 韓国とIAEAの間で情報共有を行う韓国側の連絡担当官は、毎日最新情報の提供を受け、定期的にテレビ会議も行う予定だ。

 専門家が隔週で現地事務所を訪れる際の調整も連絡担当官が担う。

 IAEA側との持続的なコミュニケーションが求められるため、連絡担当官も汚染水放出に対する専門性を備えたKINSの関係者が指名される予定だ。





韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.