韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

シン・ユビン-チョン・ジヒ&イ・サンス-チョ・デソン、世界卓球選手権で銅メダルを確保

2023/05/26 13:31入力

<拡大写真>

シン・ユビンとチョン・ジヒが“ヨーロッパ・チャンピオン”を破り、世界卓球選手権銅メダルを確保した。

 シン・ユビン-チョン・ジヒ組は25日(以下、現地時間)南アフリカ・ダーバンで開催された2023国際卓球連盟(ITTF)世界卓球選手権兼6日目女子ダブルス8強戦で世界ランク3位のスッチ(ルーマニア)-ポルカノバ(オーストリア)組に3-0(11-9、15-13、11-4)勝利した。

 同大会では3、4位決定戦は行われず、準決勝で敗れた選手全員に銅メダルを授与するため、シン・ユビン-チョン・ジヒ組は少なくとも銅メダルを確保した。韓国女子卓球が世界選手権シングルスや女子ダブルスでメダルを獲得したのは2011年、キム・ギョンア-パク。ミヨン組の銅メダル以来、12年ぶりだ。

 男子ダブルスのチャン・ウジン-イム・ジョンフン組も準々決勝進出を決めて銅メダルを確保、直前の大会である2021年銀メダルに続き、金メダルを狙う。

 イ・サンス-チョ・デソン組も男子ダブルス8強でカールソン-ファルク組(スウェーデン)を3-1(11-8、11-6、8-11、11-9)で下し、準決勝に進んだ。

 これで韓国卓球は今大会ダブルスだけで3つの銅メダルを確保、最近20年間で最高成績を予約した。

 韓国は男子シングルスで銀メダル、男子ダブルスと女子ダブルスで銅メダル1個ずつを獲得した2003年大会以降、世界選手権の個人戦はもちろん団体戦でも1大会で3個以上のメダルを記録したことがない。

 イ・サンス-チョ・デソン組は中国の世界1位のFan Zhendong-Wang Chuqin組と、チャン・ウジン-イム・ジョンフン組はドイツのオフチャロフ-フランツィスカ組と決勝進出をかけて対戦する。

 シン・ユビン-チョン・ジヒ組は準決勝で世界1位のSun Yingsha-WANG Manyu組組と対決する。

 一方、男女シングルスで韓国人選手らは全員16強で敗退した。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.