韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

韓国 きょうのニュース(8月23日)

2023/08/23 18:00入力

<拡大写真>

◇汚染水放出あす開始 全国で反対の声 

 東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出開始を翌日に控えた23日、韓国の環境団体や市民団体は「生命を脅かす行為」として一斉に反対の声を上げた。これらの団体はソウル市や忠清北道、全羅北道、江原道、釜山市、京畿道、慶尚南道など全国各地で記者会見や座り込み、1人デモなどを行って汚染水放出の危険性を指摘し、全力で阻止するとの立場を示した。

◇韓国専門家がIAEA福島事務所を定期訪問へ 韓国外相「より良い選択」

 朴振(パク・ジン)外交部長官は23日、国際原子力機関(IAEA)が東京電力福島第1原発に設置した現地事務所に韓国の専門家が常駐せず、定期的に訪問するほうが「もっと良い選択」との考えを示した。国会外交統一委員会に出席し、同原発の処理済み汚染水を巡り日本政府が前日発表した24日の海洋放出開始に関する質問に答えた。朴氏はIAEAが韓国との協議で、韓国の専門家がIAEA職員として常駐するより、定期訪問して状況を確認するほうがはるかに独立的で客観的との見解を示したと説明。そのうえで「むしろ、われわれが独立的に訪ねて行き確認することがより良い選択という考え」と強調した。IAEAは福島第1原発汚染水の海洋放出状況を確認するための事務所を現地に開設した。韓国政府は当初、韓国の専門家が常駐して汚染水放出の安全性を確認する方向でIAEA側と協議したが、他国との兼ね合いもあり、韓国の専門家は常駐ではなく定期訪問とすることが決まった。これに対し韓国内では、政府が目標を達成できなかったという指摘もある。

◇検察が最大野党代表に出頭要請 北朝鮮への不正送金疑惑巡り

 下着メーカー大手・サンバンウルグループが北朝鮮側に巨額資金を不正に送金した疑惑を巡り、水原地検が最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)代表に出頭を要請したことが、23日分かった。出頭日は来週中になるという。サンバンウルグループの元会長、キム・ソンテ氏は2019年、京畿道の平和副知事だった李華泳(イ・ファヨン)被告(起訴済み)から要請を受け、同道が推進していた北朝鮮スマートファーム(農林複合型モデル農場)の造成支援事業費500万ドル(7億3000万円)と李在明氏の京畿道知事時代に北朝鮮が要求した知事の訪朝費用300万ドルの計800万ドルを肩代わりして北朝鮮に送金したとされ、検察は李在明氏がこれらに関与したとみている。李在明氏が検察の要請に応じれば、5回目の出頭となる。

◇25日まで全国で大雨 週末から再び猛暑に

 25日朝まで全国で大雨が降り、その後は南部地方を中心に再び厳しい暑さが戻ると予想される。首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)、江原道北西部、忠清南道の西海岸、全羅道の西海岸、済州島には大雨警報・注意報が発令されており、京畿道南部の西海岸、京畿道北東部の内陸、忠清南道の西海岸には1時間に30~60ミリ、ソウルなど他の地域では同10~30ミリの雨が降っている。24日からは中国の上海付近で発達した低気圧が北東に進み、朝鮮半島を通過して全国で雨が降りそうだ。雨は25日朝におおむねやむが、東海岸では雨が続く見通しだ。





韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.