韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

8月31日に5年ぶりのスーパームーン、次回の観測は14年後=韓国

2023/08/22 08:03入力

<拡大写真>

ソウル市のノウォン(蘆原)宇宙科学館によると8月31日、1年のうちでもっとも大きい満月を意味する「スーパームーン」と、1か月で出る2番目の満月「ブルームーン」が、同じ日に同時に観測できる。



ブルームーンと呼ぶのには、理由がある。西洋において月は否定的なイメージを持っているが、1か月に2回も満月が出るのは「つきがない」と考え、「裏切る」という意味を持つ古い英語「ブルー(Belewe)」を用いてブルームーンと呼ぶのだという。



一方、スーパームーンは1979年、米国の占星術師であるリチャード・ノールが、軌道において地球に90%以内で最接近した場合を満月と初めて読んだ。



じつはスーパームーンは、1年に3~4回程度は観測できるため、それほど珍しいものではない。しかしスーパームーンがブルームーンと合わさり「スーパーブルームーン」になるのは特別な例だといえる。スーパームーンとブルームーンが同時に出るのは珍しく、前回は2018年1月31日だった。また次回は14年後の2037年1月31日となる。



クァチョン(果川)科学館は、5年ぶりに見られる特別な月を記念し「スーパーブルームーン特別観覧会」を開催する。



同館のハン・ヒョンジュ館長は「今回のスーパーブルームーンを見逃せば、14年待たなければならない、非常に珍しい天体ショーだ」と述べている。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.