韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

映画やドラマの不振で赤字拡大…韓国のエンタメ大手CJ ENM

2023/08/11 07:24入力

<拡大写真>

韓国のエンタメ大手CJ ENMが、映画やドラマの不振で今年第2四半期だけで300億ウォン(約33億円)を超える赤字を計上したことが10日、分かった。同社は韓国CJグループの子会社で、映画『パラサイト 半地下の家族』などのヒット作を手掛けてきたが、最近はコンテンツ競争力が低下しているとの指摘が出ている。

 同社は10日、今年第2四半期の売上高1兆489億ウォン(約1152億円)、営業損失304億ウォン(約33億3000万円)を出したと発表した。これに先立ち、今年第1四半期にも503億ウォン(約55億円)の赤字を記録した。このままでは、年間の赤字が1000億ウォン(約109億円)をはるかに超えるとみられる。

 赤字は景気の低迷による広告市場の低調も影響しているが、何よりも深刻なのはヒットを飛ばしていた映画やドラマの低迷だ。映画とドラマの営業損失が311億ウォンに達する。

 同社は今年初めから相次いで映画の興行失敗に見舞われた。製作費280億ウォンが投入され、大きな期待を集めたSF映画『ザ・ムーン』は、公開から7日間で観客動員数が41万人にとどまり、実質的に興行に失敗した。同じ日に公開された競合作品『非公式作戦』が81万人の累積観客を記録したのに比べ、半分にも満たない成績だ。

『ザ・ムーン』の損益分岐点は約600万人。しかし、100万人を超えることもできずに劇場から退場することになりそうだ。損失が膨大だ。

『ザ・ムーン』は今夏公開された韓国映画の中で最大の資本(280億ウォン)が投資された作品だ。競合作品の『密輸』が約175億ウォン、『非公式作戦』と『コンクリートユートピア』がそれぞれ約200億ウォンの製作費が投入された。しかし、観客動員数ではライバル作品に及ばず、厳しい結果となった。

『ザ・ムーン』だけでなく、CJ ENMが今年出した『幽霊』や『カウント』など期待作も次々と失敗し、芸術性と商業性の両面で低下していると指摘されている。CJ ENMの危機論が台頭している理由だ。

 市場でも衝撃的に受け止めている。赤字幅が予想よりもはるかに大きいと懸念の声が高まっている。先立って、証券会社はCJ ENM第2四半期の赤字幅を100億ウォン台と予想し、14万ウォン台の目標株価を8万ウォン~9万ウォン台と大幅に下方修正した。実際の赤字幅はこれよりもはるかに大きかった。

 業界関係者は「景気低迷による広告収益悪化、OTT(オンライン動画配信サービス)の登場など、CJ ENMの危機的状況には複数の要因が影響している。かつて誇られていた映画産業の不振が大きな打撃となっている」と説明した。

 今後の展望も暗い。赤字は続く見込みであり、最悪の局面を過ぎても問題が解消するわけではない。近年、CJ ENMのコンテンツに対する評価が、競合他社に比べて「魅力がない」「面白くない」といったものが多く、コンテンツ競争力の低下が指摘されている。このような根本的な課題を解決する必要がある時期に来ているという声も聞かれる。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.