韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

自殺した教師の小学校、教師らが保護者からパワハラを受けていた=韓国

2023/07/21 13:01入力

<拡大写真>

ソウル・ソチョ(瑞草)区の小学校で2年目の教師が自殺した事件と関連し、教員労組はこの学校が保護者の過度な苦情により教育活動が難しい環境にあったと主張した。教師の個人的な携帯電話に数十通の電話をかけ、教師の資格がないと批判したり、自分は弁護士だと言った保護者もいたという証言も出された。

ソウル教師労働組合は21日、「202X年からこの小学校に勤務したことがあったり、現在も勤務している教師の通報を受けた」とし、「故人の死因が個人的な事由にあるという一部の報道が、小学校の担任教師が背負う慢性的な問題を全く理解していないという点に慨嘆する」と明らかにした。

労組によると、この小学校で校内暴力を担当していたA教師は校内暴力の苦情と関連した大部分の保護者が法律家だったとし、「私が何をしているか知ってるの?私は弁護士だ」と言う保護者もいたと伝えた。

死亡した教師とともに勤務していたB教師は故人のクラスに攻撃的な行動をする児童がおり、故人が苦しんでいたと明らかにした。

労組はまた、死亡した教師のクラスの児童が鉛筆で他の児童の額を引っかいた事件と関連した保護者が、故人の個人的な携帯電話に数十通の電話をかけたという証言もあると明らかにした。

このような事実を労組に知らせたC教師は、故人が「夏休み後に携帯電話の番号を変えなければ」と話し、出勤時には児童の叫び声が幻聴となって聞こえるようだと話していたと明らかにした。

D教師はこの事件と関連し、保護者が職員室に押しかけ、故人に「子どものケアをどうするつもりか」、「あなたは教師の資格がない」と言ったと労組に伝えた。

労組は、「警察は疑惑を確認できる状況がないとしているが、保護者の過度な苦情と児童の生活指導の難しさを想像させるさまざまな状況を追加の通報を受け確認した」と指摘した。

労組はまた、この学校が「正常な教育活動を行うことが難しい環境」だったとみられるとし、「警察と教育当局は遺族をはじめとした全国の教師など全てが納得できるよう真相究明のため徹底して調査してほしい」と求めた。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.