韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

福島原発の港湾内から「セシウム検出」のクロソイ…基準値の180倍=韓国報道

2023/06/07 16:24入力

<拡大写真>

福島第1原子力発電所の港湾内で捕獲されたクロソイから、基準値を大きく上回る放射性物質が検出されたことがわかった。

7日、共同通信によると、東京電力は先月、福島原発の港湾内で捕獲したクロソイを検査した結果、日本の食品衛生法で定めた基準値(1キログラムあたり100ベクレル)の180倍に達する1万8000ベクレルのセシウムが検出された。

ことしの4月に同様の場所で捕獲したアイナメも、基準値の12倍に達する1200ベクレルのセシウムが検出されている。

このような結果について、共同通信は「魚を捕獲した場所は、原発1~4号機の海側の防波堤で囲まれた場所のためだ」とし「放射性物質の濃度が比較的高い排水が流れ込んでいる」と分析した。

これに対し、東京電力は「魚が港湾から出ていかないよう、複数の網を設置するなど対策をとっている」と説明した。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2024 AISE Inc. All Rights Reserved.