韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

「大統領公邸決定に占い師が関与」 疑惑提起の野党前議員を告発へ=韓国大統領室

2022/12/06 11:59入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領室は6日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が発足する前に大統領公邸を決める際、「チョンゴン」と名乗る占い師が関与した疑惑があると主張した野党「正義党」の金鍾大(キム・ジョンデ)前国会議員を刑事告発すると明らかにした。大統領室高官は聯合ニュースに対し、「虚偽事実の流布による名誉棄損(きそん)の疑いで告発する」と述べた。

 金鍾大氏が公邸の候補地にチョンゴンと同行したと主張した金龍顕(キム・ヨンヒョン)大統領警護処長は「面識もない」と否定したという。

 金鍾大氏は5日のラジオ番組で、「国防部の高官から3月、陸軍参謀総長の公邸とソウル事務所にチョンゴンが訪れたという証言を聞いた」と主張。また同日にユーチューブで、「金処長がチョンゴンを同行させ陸軍参謀総長の公邸を視察し、その後、大統領公邸が(陸軍参謀総長の公邸から)外交部長官の公邸に変わった」と述べた。

 これに対し、大統領室は「チョンゴンは大統領室移転の過程にいかなる形でも関与していない」とし、「偽ニュースを拡散させることは民主主義の根幹を傷つける行為」と批判した。

 これまで法的措置に慎重な態度を示してきた大統領室は、野党陣営が匿名の情報提供などに基づいて提起する各種疑惑に強気の対応を取る方向にスタンスを変えたとみられる。大統領室は尹大統領の金建希(キム・ゴンヒ)夫人がカンボジアを訪問した際に撮影された写真について、「少なくとも2~3個の照明を使ったコンセプト撮影」と主張した最大野党「共に民主党」の張京泰(チャン・ギョンテ)最高委員も告発している。

 大統領室関係者は「法的措置を取らなかったが、ファクト(事実)のように言われ続け、消耗的な論争が続いた」として、「いとも簡単に疑惑を提起する雰囲気に警鐘を鳴らしたい」と述べた。





韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.