韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

松野官房長官、北発射のミサイルは「日本上空超えて太平洋EEZ外に落下…被害報告なし」

2022/10/04 09:57入力

<拡大写真>

北朝鮮が4日午前に発射したミサイルに関して、松野官房長官は日本の東北地方を飛び越えて日本のEEZ(排他的経済水域)外に落下したと推定されることを明かした。

 松野官房長官は4日午前、「(北朝鮮が発射したミサイルは)日本の東北地方を飛び越え、4日午前7時44分ごろに太平洋上の日本のEEZ外に落下したものとみられる」と述べた。

 また、現時点でミサイルによる被害の報告は「ない」と伝えた。

 同件に関して岸田首相は「北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、わが国上空を通過し太平洋上に落下したとみられる」とし、北朝鮮に対して「強く非難する」と言及。

 そのうえで、ミサイル発射による落下物がないかの確認、情報の収集・分析、そして各国との連携を指示したと明かした。

 これに先立ち、韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと発表。この日、北朝鮮が発射したミサイルは「中距離弾道ミサイル」と推定され、日本上空を通過したとみられる。

 合同参謀本部は、北朝鮮が同日午前7時23分ごろ(日本時間同)、北部チャガンド(慈江道)ムピョンリ(舞坪里)付近から東方向に向けて、中距離弾道ミサイル1発を発射したとみられることを明らかにした。続けて「現在、韓国軍は監視および警戒を強化したなか、米韓間で緊密に協力して万全の態勢を維持している」と伝えた。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.