韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

韓国統一部「北朝鮮のミサイル発射、国連安保理決議に違反…直ちに中断すべき」

2022/09/30 11:36入力

<拡大写真>

韓国統一部は北朝鮮の度重なるミサイル発射に対し、「国連安保理決議に対する明白な違反で、直ちに中断すべき」との立場を明らかにした。

統一部のイ・ヒョジョン副報道官は30日、定例会見を通じ「北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射は、朝鮮半島はもちろん国際社会の平和と安全を害する重大な挑発行為」と述べた。

これに先立ち、北朝鮮は28日と29日に続けてトンヘ(東海、日本海)上に弾道ミサイルを発射した。米韓海上合同演習などに対する反発の表示と解釈されており、25日の地対地短距離弾道ミサイルの発射まで含めると1週間に3回ミサイルを発射したことになる。

イ副報道官は、「北朝鮮は脅威と挑発ではない対話と協力を選択すべきで、われわれが提案した大胆な構想に応じることで非核・平和・繁栄の朝鮮半島をつくるための道に賛同することを促す」と強調した。

これと関連し、きのう国家安全保障会議(NSC)常任委員会で対北朝鮮制裁を強化するという内容を発表したことについて、イ副報道官は「北朝鮮がここ5日間で3回にわたり弾道ミサイルを発射したことで国連安保理決議に繰り返し違反している点を考慮し、北朝鮮の行為に対応し追加的な行動を抑制するため対北朝鮮制裁の強化を検討していくというもの」と説明した。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2023 AISE Inc. All Rights Reserved.