芸能ニュース
全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

<WK寄稿>アテンションプリーズ、韓国キャビンアテンダント事情

2022/07/11 20:33入力

<拡大写真>

韓国の航空会社が世界の航空業界で誉れとされる「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を獲得するまでに成長したのは昔を知る者にとって“驚き、桃の木、山椒の木”です。

 70~80年代まではサービスの悪さで定評がありました。“スチュワーデス”は笑顔がなく、つっけんどんな接客態度は隣にサービスの良いJALがいただけになおさら目立ちました。このサービスの悪さは何も航空会社だけでなくデパートなどその他の接客業に共通していました。

 当時韓国の経済は発展途上にあり大学を卒業しても女性にはこれといった職場がありませんでした。その中でスチュワーデス(現キャビンアテンダント)は海外にも行ける最高の職業でした(当時の韓国は海外渡航制限下)。それこそ“ハヌレ ビョル タギ”(夜空の星を取る…それくらいに難しいという意味)でした。

 ですから東京でいえば聖心女子大、お茶の水女子大級の梨花女子大の学生、それも英文科、家政学科など優秀な人材が応募してきました。競争倍率が高く狭き門であればあるほどコネを使って入社しようとする者も後を絶ちません。

 頭脳明晰でプライドが高く家庭環境も良い才女が、お手伝いさんのような仕事(食事を運び、乗客のわがままに応えなければならない)をこなすには無理がありましたので、大韓航空の社内外からサービスを何とかしろとの圧力がかかり、担当役員や部長がその対策に追われました。

 その一環として“スマイルコンテスト”を実施しました。少しでもお客様に笑顔で接してもらうための苦肉の策でした。全乗務員の笑顔の写真を訓練所の廊下に張り出し、社員の投票で10人選抜し、その中から対面審査をして“スマイルクイーン”を選びました。

 コンテストも無事終わりこのキャンペーンがサービス向上につながることを祈って帰ろうとした時、一位に入賞した人の取った行動に周りはあぜんとしました。

 笑顔の美しい彼女は上司にあいさつして帰り際、先ほど受賞した栄えある一位入賞牌を近くのごみ箱にポイっと捨ててしまいました。(もちろん賞金10万ウォンは自身のバックに入れて)

 

 その心は?!? 

 それを見た責任者の客室部長が彼女を呼び止め「栄誉ある牌を捨てるとは何事か?」と怒りました。彼女曰く「ここにスマイルと書かれているのを両親に見せたら怒られます!」その場は一瞬ポカン…

 「男女七歳にして席を同じゅうせず」(礼記)

 そう、韓国の社会的道徳基盤である儒教は「女性はむやみやたらと見知らぬ人に笑顔を振りまいてはいけない」と教えています。この教えと接客の現場とのギャップが不親切なサービスにつながるとは…。

 またこんな話も。良家出身の“お嬢さんスチュワーデス”は汚物の片づけを命じられ「家で水を扱ったことがない(=炊事・洗濯などをしたことがない)」と拒否して退職。世界一周したので、と1年で自分勝手に退職するなど…。

 以上の大卒社員の弊害を是正し長期訓練と勤務を可能にするため系列のインハ(仁荷)大学にスチュワーデス専門学校を設立してサービス改善に努めました。けれども本格的なサービス向上は88年にアシアナ航空が誕生し、独占体制に甘んじることなく激しい競争により可能となりました。

 もちろん、人々の接客業を見る目が大幅に変わってきたことも見逃せません。そして隣国に日本航空という模範例があったからこそ、追いつき追い越せと額に汗することが出来ました。

※権鎔大(ゴン・ヨンデ)韓日気質比較研究会代表の寄稿。ソウル大学史学科卒業、同新聞大学院修了。大韓航空訓練センター勤務。アシアナ航空の日本責任者・中国責任者として勤務。『あなたは本当に「韓国」を知っている?』の著者。




韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.