韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

伝統韓紙の製作法、米国の資料を通じて明らかに=韓国国立山林科学院

2022/05/28 11:48入力

<拡大写真>

韓国の国立山林科学院は27日、米国アトランタ州所在の博物館、紙科学技術研究所が所蔵する韓紙製作道具の分析と文献調査を通じて、失われた伝統韓紙の製造法法を初めて究明したと発表した。

研究対象となる韓紙の製作道具、すだれと足踏みは、米国の製紙研究家であるダード・ハンター氏が1993年、ソウル市のセゴム(洗剣)亭付近にある韓紙工房で収集したもので、同氏の著書に掲載されて知られることになった。

同院とチョ・ヒョンジン韓紙研究所は、文献と現地にある実物の調査を通じて、このすだれと足踏みは、紙をすく技法の1つ「ためずき」用の道具であり、韓紙の製作にもこの技法が使われていたことを明らかにした。

紙をすく際はまず、2人が足踏みの縦方向に沿って向かい合った後、すだれの両端に、長さ120センチメートル、縦と横が2.5センチメートルの角材を1つずつ置き、両手でつかむ。その後、水に混じった紙の原料を足踏みですくと、角材2つとすだれの両端にある木材2つが、囲み枠として作用する。水がすだれを通過しつつ、原料はすだれの上に残るという仕組みだ。

韓紙の技法は「流しずき」以外、とくに伝わっているものはない。現在さまざまな工房が使うためずきの手法は、日本の植民地時代に普及が進んだ日本式の技術となる。








韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.