韓国ニュース
政治 日韓関係 経済 社会/文化
IT/科学 スポーツ 北朝鮮 話題

日本メディア「北朝鮮が弾道ミサイル発射の可能性」=韓国報道

2022/01/15 00:03入力

<拡大写真>

日本政府は14日(きょう)、北朝鮮が発射した発射体が日本の排他的経済水域(EEZ)外部に落下したものと推定されるとし、この発射体が弾道ミサイルの可能性があることを明らかにした。

 日本経済新聞やNHKなどによると、海上保安庁はこの日午後2時55分ごろに「北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射された」と公表した後、5分後に「発射体がすでに落下したとみられる」と明らかにした。

 防衛省も北朝鮮が弾道ミサイルの可能性がある物体を発射したと発表し、日本海と東シナ海、北太平洋一帯の船舶に警戒令を発令した。

 岸田文雄首相はこの日、首相官邸に関係省庁の担当者で構成された緊急対応チームを招集し、△国民への迅速な情報提供、△航空機および船舶の徹底した安全確認、△予測不可能事態に備えた万全の体制準備などを指示した。

 防衛省も幹部会議を開き、情報収集や現在の状況分析などを進めた。防衛省のある関係者は「ミサイルが日本のEEZ外部に落下したものと推定され、防衛省が引き続き情報収集および分析を進めている」と伝えた。

 北朝鮮が飛翔体を発射したのは今月5日、11日に続き今年に入って3度目だ。北朝鮮は今月、先立って発射した弾道ミサイルをすべて極超音速ミサイルだと主張している。

 特に、北朝鮮のミサイル発射は米国が独自制裁を発表し、国連安全保障理事会に追加制裁を提案してからわずか1日後に行われた。

 米国政府は今月12日、北朝鮮国籍者6人を「特別指定制裁対象(SDN)」に指定した。これは、弾道ミサイル関連のバイデン政府初の対朝制裁だ。

 北朝鮮はこの日午前、米国の対朝制裁について外務省のスポークスマン談話を発表し、「米国が何としてでもこのような敵対的な姿勢を取っていくのであれば、より強力かつ明確に反応せざるを得ない」と明らかにした。





韓国・北朝鮮のニュースなら、ワウコリア・ワールド

Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.